記事一覧

中国の景況Ⅲ

  • 2017/04/18 (火) 09:06

No.401

日本の新聞各紙の報道にもあるように、中国国家統計局の発表によると、17年第1Q(四半期)1~3月のGDP成長率が6.9%と高い伸びを示し、17年度政府目標の6.5%を大きく上回り好調な滑り出しだったという事です。

16年は1Q-6.7%,2Q-6.7%,3Q-6.7%4Q-6.8%,17年の1Qは6,9%と2四半期続けて上昇した事になる。
第1次産業→3.0%
第2次産業→6.4%
第3次産業→7.7%
1~3月の鉱工業生産額は6.8%増となり、特に3月単月では7.6%と高い伸びとなっている。
特に伸びが著しいのは、
①電子設備製造→16.1%増
②専用設備製造→13.5%増
③自動車製造 →12.3%増
中国ビジネスに携わるものとして、確かに高景気の実感はあり、チャンスかもと思う反面、各種リスクも加味し判断を誤らないようにしなければならない。

中国景況Ⅱ

  • 2017/04/14 (金) 10:33

N0.400

中国の税関総局の発表によると、17年3月の貿易総額が対前年比で18.2%増となり、数年ぶりに大幅な伸び率記録したとの事。
今年に入ってこれで3カ月連続の対前年で増加した事になり、昨年秋から回復傾向が見られた貿易の回復傾向が鮮明になってきたようだ。
日中間貿易も3月の貿易総額は262億1400万ドルとなり、対前年同月比11.2%も伸びたようです。

それを裏付けるように、昨日から来日された中国の顧客様からも上海工場での増産要請受けた。中国の経済実態から目が離せない。

中国の景況

  • 2017/04/05 (水) 08:06

No.399

新明節が終わりようやく業務も情報も動き始めた。
NNAの報道からであるが、中国国家統計局と中国物流購買連合会の発表によると、3の製造業購買担当者指数(PMI)は51.8となり前月比0.2ポイント上昇し、景況判断の節目となる50を8ヶ月連続で上回り、2014年4月(53.3)以来の高い数値となった。
非製造業PMIも55.1と大きく上昇し2014年5月(55.5)以来の高い水準だという。

上海法人からも、受注や引き合いは好調と報告を聞いており、実感的にも確かに忙しいし、相変わらずの人手不足である。

色々な業種もあるし巨大な国の地域間格差、業種間格差もあるのだろうが、総じて中国は高景気状況と判断している。

我々のレベルでは理解しかねるが、全般的な日本の報道とは乖離しているように感じてならない。日本の報道しかみる事の出来ない中小金融機関の判断を誤らせる事にもなりかねず、報道が海外へ進出する中小企業の足を引っ張らないようにお願いしたい。小規模企業の海外進出は10年20年のスパンで見ていただく必要がある。

新明節休暇

  • 2017/04/03 (月) 08:28

No.398

今日明日、中国はお休みです。新明節休暇である。
新明節は祝日であり、4/1(土)~4/4(火)の4連休でとなる。当社は業務多忙から1日の土曜日は出勤となったようであるが、気候の良い今頃の連休休暇は社員各員にとっては楽しみな連休のようです。

新明節の起源は色々と難しいようですが、簡単に解釈すると日本のお彼岸のようなものと考えてよさそうだ。
ご先祖様のお墓の掃除と草むしり、そしてお墓参りをして、きれいになったお墓の前で家族そろっての食事で死者を懐かしむという事のようです。

しかし、今の若い人達はこの気候の良い時期の休暇を利用しての旅行するのがステータスらしい、恐らく日本にもたくさんの観光客が来日しているのではないかと思う。

中国の嫌韓

  • 2017/03/24 (金) 07:55

No.397

駐在員からの情報である。

日本の報道で御承知のように、中国と韓国の関係は最近極めてよろしくない。最近の中国における反韓運動は過去にあった反日運動とかなり異なるようで、政府主導と言うよりは一般市民が反韓運動の主役になってきているようだ。

激しい反日運動下でも無かった、中国駐在韓国人に対する嫌がらせともとれる、公安による居留証の厳重チェック、パスポートの携帯チェック、登録滞在住所等のチェック、タクシーの乗車拒否、等々。

日本語のできる韓国人は日本人に成りすましているとの情報もある。ちなみに当社上海本社の近くにあった韓国人学校が突然閉鎖になっているとの事。

私見であるが、もともと一般市民レベルでは嫌日本よりも嫌韓国の人が大多数だった事から、ちょっとしたきっかけで反韓運動は一気に盛り上がったのだろうと思う。